何かにつけて、「もう若くないんですから」と言われて久しい私ですが、
こと麺類については負けていられません!

・・・と鼻息あらく向かったのは、飯田橋の大勝軒。

やはり人気店ということで、お店の前は大行列。しばし並ぶことに。

食券販売機の前に来るとさらに勝負魂に火がつき、迷わず「大盛もりそば」を注文。
そこから店内を眺めつつ、もうしばらく待つことに。

周囲を見ると、みな目の前のどんぶり、盛りと語らっています。
いやがうえにも期待に胸が高まります。

・・・程なくして、ようやく着席。

横に座っていたのは、3人の学生さんたち。
聞こえてくる会話からみて、どうやら大勝軒初体験の模様です。

daishoken

待つこと数分、ドンっ、と私の目の前にスペシャルデカ盛りなもりそばがががが。
・・・おお、そうだった。大勝軒は普通盛りでも結構デカかったんだ。
いわんや、大盛りをや・・・w。

気を取り直して、さあ勝負だ!

まずはスープを一口。
魚介系の味わいに、程よい酸味。おお、まさにこれが大勝軒だ・・・

すかさずハシで麺をぐわしと掴んでスープにちょんとつけて一気に啜る。
おお、麺の、小麦粉の香りがたまらない!

そこからは、止まることなく一気にゴールへ全力疾走。
5分くらいで完食し、スープ割りしてもらったスープを味わいつつ、ひと息。

私よりもずいぶん先に食べ初めていた隣の学生さんは、
「うへー、こんなに大盛りなのかよー」と半笑いしつつゆっくり食べていましたが、
案の定途中で満腹中枢が正常機能して明らかにペースダウン。

むしろ、今の自分ならその余りそうな麺をください!という意識になるから怖い。

行列は相変わらずなので、スープを飲み干してお店を後に。

久しぶりの大勝軒は、やはり相変わらず大満足でした。

ご馳走様でした!

関連ランキング:つけ麺 | 飯田橋駅九段下駅牛込神楽坂駅

Visits: 118

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください