がんぞうさんの台湾&グルメ紀行

シャポー・マルゴ(六本木)/お洒落な空間でステーキランチ

体調が悪いというほどではなく、
でもちょっとお疲れ気味なときって、
何故だかお肉が食べたくなってしまう私。

この日はまさにそんな気分で、さ~てどうするかと
メトロハット地下2階をうろついていると、
エスカレーターの陰にステキなバー発見!

近付いてみると、まさにズバリ、
ステーキランチがあるではあ~りませんか!

ということで、「シャポー・マルゴ」さんに入店!

中に入ると、まさにお洒落なワインバーの様相です。
入り口横には大きなワインセラーがあり、
美味しそうなワインがギッシリ!

中には何と、ロマネコンテ(180万円)まで!!!

とはいえ、お手頃なワインも数多くあるので、
夜かるくワインを傾けたい、という時には良さそうです。

注文は、サーロインランチ(1,200円)で行ってみることに。
ライスとパンが選べるのですが、今回はパンで。

まずは小さなカップに入ったサラダが到着。

スープは生ハムが入っているということで、
塩味が胃袋を優しく刺激してきます。

2015-02-23 12.53.32
そして、しばらく待っていると・・・来ました!

サラダとマッシュポテトが乗ったお皿に、
たっぷりのオニオンソースが掛かった大きなステーキ!

なかなかのルックスですね~。

個人的には、大好物のクレソンが付いているのが嬉しいです。

パンは、お代わりが出来るそうです。
嬉しや~!

早速ナイフを入れてみましょう・・・しっかりしたお肉で、
やや固いところもありますが、ざっくり切った肉片に
ソースをたっぷりまぶしてガブリ・・・うん!

しっかりした肉汁が飛び出してきて、なかなかの美味しさです。

マッシュポテトは、肉汁やソースを付けて食べるとステキ。
サラダも思ったよりたっぷりあって、満足感があります。

気がつくと、「ザクザク切る⇒食べる」の繰り返しで、
あっという間に食べ終わってしまいました。

お皿に残ったソースは、パンを千切ってすくい取って楽しみます。

・・・そうしているうちに、学生時代にふと手に取った、
辻静雄先生(辻調理師学校の創始者)のビデオを思い出しました。

辻先生は、

 「ソースが美味しかったら、パンですくって食べましょう」
 「まったく失礼とか、行儀が悪いということはありません」
 「お皿がキレイなのを見ると、料理人は喜びます」

と仰っていたなぁ・・・そして、仰る通りだなぁ。

自分が誰かに料理を作って食べてもらうとき、
お皿の中を全部きれいに平らげて貰うとすごく嬉しいのも、
レベルは違えど、料理の原点かも知れません。

・・・と、食後のコーヒーを飲みつつ思いに耽りつつ、
午後に向けて英気を養ったランチタイムでした。

そして次の週、今度は仲間を連れて再訪。

2015-03-09 12.26.42
この日はハラミステーキランチ(1,100円)を選択しました。

ハラミは、サーロインよりも柔らかく、
ナイフがすっと入りました。

脂身が少ない分、肉肉しくて、これも美味しいですね~。

結構お気に入りになったので、
今度は是非夜にも訪れてみたいです。

ご馳走様でした!

シャポーマルゴー

昼総合点★★★☆☆ 3.2

関連ランキング:ワインバー | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

あわせて読みたい関連記事


お読み下さいましてありがとうございます。↓↓↓このバナーをクリック頂けると、励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

ひとこと感想をお願いします!