がんぞうさんの台湾&グルメ紀行

蕎麦処ますだ屋(六本木)/蕎麦の香りとボリューム感

「う~ん、今日は軽く蕎麦でも手繰るかな・・・」
そんな気分の日って、ありますよね。

そんな時は、六本木ヒルズ5Fウェストウォークにある、
蕎麦処ますだ屋につい足を運んでしまいます。

着席し、いつものように見慣れたメニューを開いて品定め。

すると、三つ折メニューの中央列上部にある、
ミニ丼とのセットメニューに目がいってしまうのも、
いつものこと。

そして、お姉さんに声を掛け、迷わず

 「天丼セット、冷たいお蕎麦で」

とコールしてしまうのも、いつものこと。

「軽く蕎麦でも」というのは一体何だったのか・・・
毎回軽い後悔をしつつ、コップの水で口を漱ぎつつ、
待つこと5分少々・・・来ました!

2015-01-19 13.37.00

どーーん!

2015-01-19 13.37.07

どーーーーーん!

「ミニ天丼」とはいえ、なかなかのボリューム感です。

まずは、蕎麦を軽く持ち上げ、
先っぽだけソバツユにチョンとつけて啜り上げます。

コシの強い蕎麦を軽く咀嚼すると、
ほのかに蕎麦の香りが感じられます。

ここのソバツユはかなり濃い目で、
ドップリつけると蕎麦香が消えてしまうので要注意。

出来ればワサビもソバツユに溶かさずに、
蕎麦の上に少量載せるのがオススメです。

そして、いよいよ天丼へ。

七味唐辛子をパラリと散らし、いざ!

揚げ立てのキスの天ぷらは、
甘めのタレが絡まって、ご飯に良く合います。

小ぶりの海老ちゃんは、サクッとした歯応えのあと
プツンとした歯切れが楽しめます。

そして再びお蕎麦へ。

濃い味の天丼の後ですから、
ソバツユは更に少な目でサッパリと。

時おり漬物で味覚を戻しつつ、キレイに完食。

頃合いのタイミングで届いた蕎麦湯を嗜みつつ、
デザートのフルーツゼリーを頂きます。

天丼セットAのお値段は1,188円(税込)ですが、
オフィスシール付きヒルズカードの提示で1,080円になります。

軽く蕎麦を手繰るつもりがガッツリランチになり、
やや苦しいお腹をさすりつつ軽く後悔しつつも、
きっとまた同じことを繰り返してしまうんだろうな・・・と、
どこか楽しみな気持ちが同居する、そんなランチタイムでした。

ご馳走様でした!

霞町 蕎麦処 ますだ屋 六本木ヒルズ

昼総合点★★★☆☆ 3.2

関連ランキング:そば(蕎麦) | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

あわせて読みたい関連記事


お読み下さいましてありがとうございます。↓↓↓このバナーをクリック頂けると、励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

ひとこと感想をお願いします!