がんぞうさんの台湾&グルメ紀行

ゴーゴーカレー(六本木)/復カツカレーでお腹も心も大満足

ipp「金沢カレーブームの火付け役」として有名なゴーゴーカレー。今回は、その六本木店となる「六本木スタジアム」に行って来ました。六本木交差点から程近い雑居ビルの地下1階にある同店は、他店同様ひっきりなしにお客さんが詰め掛ける人気店です。

道路に面した入り口には大きな立て看板があり、黄色く塗られた壁には各メニューの写真や雑誌掲載記事などが所狭しと貼られています。

引き戸を開けて中に入ると、右手に食券販売機があります。ここで食べたいメニューのチケットを購入しましょう。

ただ、初めてのときはこのチケット購入が分かりにくいかも知れません。ゴーゴーカレーでは、ご飯の量を何故か飛行機の座席クラスで呼んでいるのです。「ヘルシー(小盛240g)」「エコノミー(普通350g)」「ビジネス(大盛480g)」「ファースト(特盛680g)」の4段階があるのですが、僕も最初はどれがどの位なのかサッパリ分かりませんでしたw。そして、このゴハンに金沢カレーの特徴でもある黒いルーが掛かり、千切りキャベツが盛られたものが、店名にもなっている「ゴーゴーカレー(エコノミーで550円)」です。

また、ゴーゴーカレーで人気ナンバーワンなのが、揚げ立てのロースカツが乗った「ロースカツカレー(エコノミーで750円)」です。他にも「チキンカツ」「ウィンナー(4本)」「エビフライ(2本、タルタルソースが掛かっています)」「チーズ」「納豆玉子」などのトッピング(各200円)を選ぶことも出来ます。

さて、今回は「復カツカレー」というのを選んでみました。これは、エコノミーのゴハンにチキンカツ、ロースカツを贅沢にどーんと乗せたボリューム満点のメニューで、値段は850円。通常のトッピングで同じメニューを頼む場合、ロースカツカレー750円+チキンカツ200円ということになり、合計950円。つまり、復カツカレーは100円お得になっています。ラッキー!さらに、「復カツ」の名の通り、1杯食べると100円が東日本大震災救援基金に寄付されるそうです。何とも、いいコトずくめではありませんか!

ipp

ちなみに、ゴーゴーカレーでは注文が入ってからカツを揚げるため、注文してから出てくるまで、少し待つことがあります。今回は混雑時の来店ということもあり、7~8分程度で「復カツカレー」が登場!金沢カレーはスプーンではなくフォークで食べるのが流儀ということで、これがなかなか趣があって楽しいです。

味のほうはというと、コク深い黒色のルーとゴハンを軽く混ぜ、スパイシーなソースがたっぷりかかった揚げ立てサクサクのカツ、シャキシャキキャベツとともに食すと、それぞれの美味しさが口の中で渾然一体となり、幸せな気持ちになります。

・・・ところで、僕は昔から大の金沢好きで、若い頃から何度も足を運んでいます。しかし、残念ながらこれまで現地で「金沢カレー」なるものを食べたことはありません。このため、私にとってのゴーゴーカレーは、「金沢カレー」というよりも、単純に「美味しいカツカレーを出すお店」という印象が強いです。

ご馳走様でした!

関連ランキング:カレーライス | 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅

<おうちでもゴーゴーカレーを楽しめます!>

あわせて読みたい関連記事


お読み下さいましてありがとうございます。↓↓↓このバナーをクリック頂けると、励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

ひとこと感想をお願いします!