がんぞうさんの台湾&グルメ紀行

ブルーリリー青百合飯荘(六本木)/香菜が香る四川担々麺

六本木ヒルズウェストウォーク5Fに開店して間もない、
「ブルーリリー青百合飯荘」さんでランチしてきました。

この場所は、以前まで同じ際コーポレーションさんが経営していた
「老虎東一居」さんがあったところです。

ちょっとお洒落になった入り口通路を通って入店してみると、
店内は半分くらいの入りでした。

早速、メニューを眺めます。

2015-07-24 12.29.16

んー、以前よりもかなり単価が上がっていますね~。

右上には定番定食コーナーがあり、以前もあった四川麻婆豆腐などは
辛うじて千円クラスのものがありますが、推しのランチは2~3千円か・・・。

視線をズズーっと下げ、麺のところを見ると、
「四川担々麺」というのが1000円であったので、
こちらの大盛りを注文しました。

※後で会計のときに分かったのですが、大盛りは+200円でした。

しかし、周りのお客さんの注文は全て配膳されても、
僕の麺は待てど暮らせど姿を現しません・・・。

結局、オーダーを取った人が通し忘れたようで、
あらためて注文を聞かれるました。

これは残念・・・

2015-07-24 12.39.51

そして、再注文した後は5分ほどで到着した面の横に、
小皿に乗った香菜が置かれたではありませんか!

 「お好みで香菜をお使い下さい」

とのことで、香菜好きな僕にとってはテンション激上げ!

2015-07-24 12.40.01

麺の上には2種類の肉味噌と花生(ピーナッツ)が乗っていて、
香菜の香りとともに、素敵な香りがしました。

まずは良く混ぜてからスープを飲んでみると、
甘さと辛さが渾然一体になった感じで、なかなかコク深い感じ。

次に麺をひとすすりしてみると、モチっとした中太麺で、
スープとの相性もなかなかですね。

なにより、肉味噌のコクと花生の歯応えが楽しく、
ペロリと食べてしまいました。

美味しかった!

さて、食べ終わってお会計しようと出口に向かうと、
今度は会計を待つお客さんが7、8人行列を作っていました。

店内の混雑度から見て「?」と思いましたが、
店頭で売っているお弁当の会計が影響している模様。

結局、数分間並んで待つことになりました。

まだまだ開店して間もないこともあってか、
オペレーション面はちょっと気になる感じですが、
味的にはなかなか楽しめそうなので、
また足を運んでみたいと思います。

ご馳走様でした!

関連ランキング:中華料理 | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

あわせて読みたい関連記事


お読み下さいましてありがとうございます。↓↓↓このバナーをクリック頂けると、励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

ひとこと感想をお願いします!