がんぞうさんの台湾&グルメ紀行

阿宗麺線西門店/豚モツと麺線の協奏曲

阿宗麺線2台湾の代表的な小吃(シャオチー)の1つで、是非味わいたいのが「阿宗麺線」。士林夜市や忠孝東路付近など、いくつか支店がありますが、僕が毎回行くのは西門町のお店です。

「麺線」は、イメージとしては日本の素麺(そうめん)に似ているかなと思いますが、実際には素麺よりも塩分が少ないそうです。

阿宗麺線では、その麺線を豚の大腸とともに鰹節タップリのトロミスープで柔らかく煮込んでいて、小腹が空いたときに最高の逸品です。

阿宗麺線

アツアツの麺線の上には、たっぷりの香菜(シャンツァイ──パクチーのことです)が乗ります。苦手な方は、注文の際に「不要香菜(プーヤウシィャンツァイ)」と申告すれば、抜いてくれるか、季節によってはミントに替えてくれます(下の写真)。

でも「郷に入れば郷に従え」の言葉通り、訪台中は香菜入りで頂くというのも、なかなかオツですよ。

2012-08-18 16.40.18

なお、阿宗麺線は基本立ち食い(数個の丸椅子はありますが、大抵埋まっています)で、プラスチック製のペラペラな小レンゲで食します。お箸が欲しい方は、割り箸を持参しましょう。味が薄いと思った場合は、店舗カウンターを背に左の柱あたりに追加のタレなどが用意されていますので、そちらへ。

美味しく食べ終わったら、近くにある食器下げ用のバケツに、食器とレンゲを分けて入れましょう。

阿宗麺線

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:台湾料理 | 西門町

あわせて読みたい関連記事


お読み下さいましてありがとうございます。↓↓↓このバナーをクリック頂けると、励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

One thought on “阿宗麺線西門店/豚モツと麺線の協奏曲

ひとこと感想をお願いします!