がんぞうさんの台湾&グルメ紀行

THE MOON(六本木)/地上52階からの眺望と極上の時間

月に一度、仲間内でゆっくりしたランチ会を開いているのですが、
今回は「天空Chillしよう!」ということで向かったのは、
六本木ヒルズ52階にあるフレンチレストラン、「THE MOON」さんです。

「Chill(チル)」は、直訳すると「冷たい」となりますが、
「落ち着いた」とか「ノンビリした」という意味もあるとのことで、
景色の良いところでゆっくりランチをとろう、という訳です。

まずは3階の展望台受付横にあるTHE MOONカウンターで、
おねえさんに予約している旨を告げると、
展望台に上がれるカードを渡してくれました。

これを見せて、エレベーターで一気に52階へ!
途中2回くらい耳抜きしたりw。

そして、エレベーターを降りて左方向に行くと、
すぐのところにTHE MOONのエントランスがあり、
受付にいたイケメン男性が席まで案内してくれました。

IMG_5248
あいにくの曇り空でしたが、窓からの眺望はなかなかのもの。
東京タワーや、その向こう側には運河や海が良く見えました。

今日は2900円(税別)のランチを頂きます。

IMG_5251
まずはスープ、グリーンアスパラガスのブルーテから。

接客の方は、各メニューについて細かく説明してくれました。

半塾卵とイタリア産の生ハム、ルッコラが乗っていて、
卵の黄身を崩しながら食べるとまろやかで美味しいですよ、とのこと。

落ち着いてゆっくりと説明して下さる姿勢は、
なかなか好印象です。

お勧めされたように、卵の黄身を崩しながら食べてみると、
最初に口の中にアスパラガスの爽やかな香りが広がり、
そこに黄身のコクと生ハムの塩味が加わり、なかなか美味!

IMG_5252
お皿もとってもユニークで可愛らしいです。

しばし歓談していると、いよいよメインの肉料理が到着。

IMG_5253
今日のメイン料理は、イタリア産栗豚のロースト。
美しい盛り付けですね~!

ヤングコーンを使ったポム・ド・フィーノの下は、
ヤングコーンの鞘なのですが、何とこの中に詰まっているヒゲも
火が通っていて美味しいですよ、と教えてくれました。

まずはお肉から。

ポルト酒を使ったソースはオレンジが入っていて、
ほろ苦さに爽やさが加わり、豚肉の風味とマッチしますね。

また、ヤングコーンの鞘を切り開くと、
中からは思った以上にたっぷりとヒゲが出てきました。

これにソースを付け、恐る恐る口に運ぶと・・・
おおっ!ザクっとした心地よい歯応えとともに、
コーンの甘さがふんわりと漂い、驚きの美味しさです。

お肉も見た目より食べ応えがあり、なかなか満足感があります。

IMG_5256IMG_5257
デザートは、フレッシュな苺とアイス、
焼きメレンゲなどが入っています。

アイスは、チーズケーキの香りがしますよと説明されましたが、
ふくよかなクリームチーズの香りは、まさにチーズケーキそのもの!

焼きメレンゲは昔から大好きで、
舌と上あごの間でクシュっと潰すと、
爽やかな甘さと香りがたまりません。

お茶は、お勧めされたブレンドティー。
紅茶葉に紫蘇の香りが加わり、爽やかさの中にほのかな甘さを感じます。

地上52階の眺望の中、美味しいランチを味わい、
実にゆったりとした時間を過ごすことが出来ました。

また是非大切な時間を過ごすために、寄らせて頂きたいと思いました。
ご馳走様でした!

関連ランキング:フレンチ | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

あわせて読みたい関連記事


お読み下さいましてありがとうございます。↓↓↓このバナーをクリック頂けると、励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

ひとこと感想をお願いします!