がんぞうさんの台湾&グルメ紀行

つけめんTETSU(六本木)/進化する美味しさ

ippTVや雑誌の『つけ麺ランキング』の上位常連で、昨今のつけ麺ブームに多大なる影響を及ぼした「つけめんTETSU」。その支店である六本木ヒルズ店は、いつもお客さんで溢れていて、店員さんの元気な声が鳴り響いています。

場所は六本木ヒルズのノースタワー地下1階。地下鉄日比谷線のヒルズ側改札を出て左に進み、突き当たりを右に曲がったところにあります。

お昼時や夕食の時間帯は行列が出来ていることも多いですが、まずは店頭の券売機で食券を購入しましょう。つけめんは「冷たい麺」と「あつ盛り(アツアツのかつおだしに浸されて出てきます)」があり、麺の量は「並(200g)」「大盛(300g)」「特盛(400g)」から選べます。いずれも同じ値段、800円です。これに、色々なトッピングを選ぶことが出来るので、自分流のベストな組み合わせを見つけるのも楽しいですよ。

さて、私はここの「辛つけめん」が大のお気に入り。値段は+50円で850円です。いつもは特盛で攻めるのですが、今日は大盛を選択。ヒルズのコミュニティパスポートをお持ちの方は、味玉が1個サービスで貰えます。

ipp
ipp

麺が茹で上がるまで10分ほど待ち、いよいよ出てきました!こちらが「辛つけめん」です。TETSU独特の極太麺の上に、こんもりと唐辛子ベースの辛味スパイスがたっぷり乗っています。おっ、いつもと違うぞ!?そしてスープも全体的に赤っぽい雰囲気ですねー。これは楽しみ!

辛味スパイスを半分くらいすくい取って、スープに混ぜ込んだところで、いざ実食!

TETSUの極太麺は、しっかりとした噛み応えが魅力。小麦の良い香りがふわっとして、スープとの相性も抜群です。そして、スープ自体のピリ辛に麺側の辛味スパイスが香り高く、以前よりも更に美味しくなっていました。

それにしても、つけめんTETSUの凄いところは、もともと美味しいにも関わらず次々と改良が加えられて進化している点です。初めて「辛つけめん」を食べた時は、スープに辛味がついている程度だったのですが、ちょっと前までは下の写真のように、辛味スパイスが別小皿に入れられて出てきていました。

ipp

今回の改善では、スープ自体の辛味に加え、麺に乗せられた辛味スパイスが香りを高めることで数種類の辛さが渾然となり、一層味わいが増していると感じました。これは嬉しい進化ですね!

ご馳走様でした!

関連ランキング:つけ麺 | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

あわせて読みたい関連記事


お読み下さいましてありがとうございます。↓↓↓このバナーをクリック頂けると、励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

ひとこと感想をお願いします!