がんぞうさんの台湾&グルメ紀行

OHARA ET CIE(西麻布)/大人のフレンチを堪能

ohara et cie麻布交差点の近く、交通量が多い六本木通りから一本路地に入ると、スッと、西麻布の落ち着いた住宅街的な雰囲気が広がります。「OHARA ET CIE」は、そんな路地裏にある西麻布のフレンチレストランです。

今回は、大切な仲間たちとランチを楽しもうと、4,800円のランチコースを予約して伺いました。

ipp

お店に入ると、柔らかなホワイトトーンの明るい空間が広がり、テーブルには可憐なお花とともに名前と日付が印刷された本日のメニューが置かれていました。う~ん、こういうところも素敵。おじさんとはいえ、少女のように胸が高鳴ります。

ippipp

さあ、コースが始まります。まずは前菜、「かに肉のタルタル マヨネーズ和え 赤ピーマンムース」。カニの濃厚な旨味が野菜の甘みとともに口の中いっぱいに広がり、今日の料理への期待がさらに高まります。

お魚料理は「スズキの蒸し焼き プロヴァンス風」。柔らかく丁寧に蒸し焼きにされたスズキがフンワリ優しく、オリーブの香りがするソースが堪らない美味しさです。日本の新鮮なお魚を使うと、ともすると重くなりがちなフランス料理も、こんなに軽やかな味わいになるものですね。

ipp

そしてメインの肉料理「フランス産ビゴール豚のロースト マスタードソース」です。お肉はジューシーで味わい深くコッテリしていて、それをマスタードソースが引き立てています。マスタードは辛さよりも風味付けの意味が強く、とても上品な仕上がり。味わいとボリュームの両方を兼ね備えた、素晴らしい一皿です。

ippデザートは「ヌガーグラッセとラヴェンダー風味のアイスクリーム」。儚く溶けていくアイスはほのかにラベンダーの香りが漂い、肉料理の後の口に爽やか。

ヌガーグラッセは思ったよりも甘すぎず、上にあしらわれたカラメル・デュルのカリカリとした食感と甘さがとてもよくマッチしていました。

ippipp

コースの締めは、お勧めされたフルーツティー。小さくてかわいいマカロンや生チョコなどの小菓子も美味しく、食後の会話も弾みました。お店の方々も、美味しく楽しい時間をしっかりサポートしてくださって、素晴らしい会になりました。

また是非寄らせて頂きたいと思いました。ご馳走様でした!

オオハラ エ シーアイイー

昼総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:フレンチ | 六本木駅乃木坂駅広尾駅

あわせて読みたい関連記事


お読み下さいましてありがとうございます。↓↓↓このバナーをクリック頂けると、励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

ひとこと感想をお願いします!