がんぞうさんの台湾&グルメ紀行

味覚 二号店(西新橋)/激辛麻婆など激ウマ四川にハマる!

定期的に辛くて美味しいモノを摂取しないと枯れてしまう、
辛さ中毒の私ですが、来たるゴールデンウィークを前に
激辛チャージをしておこうということで、
辛い物好きクラブの皆さんとやってきたのは、
頂点麻婆豆腐で有名な西新橋の「味覚二号店」さんです。

2015-04-30 19.52.12
時間は午後8時前、西新橋一丁目バス停から少し歩いたところに
煌々と赤い光を放つ「味覚二号店」さん。
この赤い光は我々の希望の赤か、それとも・・・?

さて、入店すると、お店の手前側はかなりの混雑。
予約している席は奥の囲われて少し高くなっているところでした。

店内からは、美味しそうな香りが漂っていて、
これはかなり期待できそうです。

メニューを見ると、いろいろなコースも載っていましたが、
中でも「食べ放題+飲み放題」で3,380円(税別)が目を引きます。

これでも目玉メニューの「頂点麻婆豆腐」が頼めるとのことで、
今日はがっつり飲んで食べようと覚悟を決め、こちらで決定です!

2015-04-30 20.10.08
生ビールとともに、まずは前菜ということで
「ピータン」と「ごま塩胡瓜」(以下いずれも5人分)を注文。

ピータンは空気に晒してアンモニア臭を抜いたもので、
匂いは抑え目ですがネットリとして甘味が感じられます。

ごま塩胡瓜は、意外や意外、結構辛目で美味しいです!

2015-04-30 20.13.18
バンバンジーサラダは、思っていたものと全然違いましたが、
ゴマの風味が素晴らしく、個人的にかなりのヒット作です。

2015-04-30 20.16.46
鉄鍋ゴマ棒餃子は餡を優しく包んだもので、
肉汁は控え目ですが、ザクっとした歯応えが楽しく、
餡は中の野菜と肉の旨みがギッシリでした。

2015-04-30 20.18.33
そして、いよいよ頂点麻婆豆腐が登場!

「一番辛くしてね!」とお願いして出てきたソレは、
熱々に熱された石鍋の中でグラグラと煮立っていて、
テーブルの上で店員さんが底から何度もかき混ぜて出来上がります。

かき混ぜると、あたりは山椒をはじめとした香辛料の香りで満たされ、
店内の至るところから咳き込みが聞こえてきます。

しかし、誰も怒ることなく、「来たね~」と話しています。
なるほど、この咳き込むほどの香りは、ここのお店の名物なのですね。

2015-04-30 20.20.00
出来上がってナプキンを掛けて待つことしばし、
そっとナプキンを取ってみると、まだまだグラグラしていますが、
美味しそうな麻婆豆腐が姿を現しました。

早速すくって食べてみると・・・おおっ、
何という辛さと旨さ!!

辛さ成分としては、唐辛子もさることながら山椒が強い感じです。

それでも舌が過度に痺れる感じもなく、
ダラダラと汗をかきながら美味しく食べ進められます。

もう一回お代わりして、再び店内で咳き込みが巻き起こります。

それにしても、美味しいですね~!

2015-04-30 20.26.26
2015-04-30 21.28.30
その他、麻辣刀削麺や春巻(写真とる前に食べてしまった)、
小籠包、水餃子などもいただきました。

小籠包はあっさりしたアツアツのスープがたっぷり、
水餃子は皮がモチモチして美味しいです。

しかし、粉モノは美味しいですがお腹もいっぱいになるので、
このあたりで打ち止めですね。

2015-04-30 21.50.12
仕上げに甘さ控え目の「とろとろ杏仁豆腐」で舌をリセットし、
本日の辛さチャージは幕を閉じました。

それにしても、ここのお料理はどれを取っても美味ですね~。
是非近いうちに、頂点麻婆豆腐を1人1杯ずつ注文して、
みんなで咳き込んでみたいと思います。

そして、今回も辛い物好きクラブの皆様に感謝!
ご馳走様でした!

味覚 二号店

夜総合点★★★☆☆ 3.7

関連ランキング:四川料理 | 内幸町駅虎ノ門駅新橋駅

0

あわせて読みたい関連記事


お読み下さいましてありがとうございます。↓↓↓このバナーをクリック頂けると、励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

One thought on “味覚 二号店(西新橋)/激辛麻婆など激ウマ四川にハマる!

  1. Pingback: 「ブルダック炒め麺」「トゥンセラーメン」・・・韓国の最恐激辛ラーメンに挑戦! | がんぞうさんの台湾&グルメ紀行

ひとこと感想をお願いします!