がんぞうさんの台湾&グルメ紀行

桂花ラーメン(新宿東口)/ターローの想い出

ipp今から30年ほど前、僕が高校生の頃、渋谷に出来たばかりの桂花ラーメン()で食したターロー。

それまでは鶏ガラスープの醤油ラーメンくらいしか食べたことが無かった自分にとって、初めて食したトンコツは、大変な衝撃でした。

桂花ラーメン独特の麺は、少しボソっとしてその固めの歯応えに驚きましたが、お店のポップや壁に書かれていた、「はじめてのときは少し固く思うかもしれませんが・・・」というクダリを信じて通い続け、見事に桂花リピーターに育て上げられました。

そして、20代の間は東口駅前店でターロー一筋。

とにかくあの柔らかいターローにシャキシャキのキャベツ、茎わかめのコリコリ感がたまらず、いつもスープまで完飲していました。

30代になると、ターローが少し重いと感じることが出てきて、徐々に定番の桂花ラーメンを食す機会が増え、40代の今では桂花ラーメン一筋になりました。マー油の香り溢れるスープに辛香(ラーシャン)を軽く振りかけ、一気に頂いてしまいます。

しかし、目ではターローを食べたい!あの頃の味をもう一度確かめたい!という衝動に駆られます。

───私にとっての桂花は、こうした想い出とともにあります。

そして、近くにある「ふあんてん」でなく、この通い慣れた「新宿東口駅前店」の狭い店内が、私にとっての新宿のラーメンのルーツなのです。今では多くのお店で美味しいとんこつラーメンを楽しむことが出来ますが、想い出が重なった桂花東口駅前店は、僕の中で未だ頂点のラーメン店です。

ああ、こうして書いていたら、また桂花が食べたくなってきた・・・


ご馳走様でした!

※渋谷店は、今はセンター街にありますが、当時は渋谷プライムの地下に出店していました。

関連ランキング:ラーメン | 新宿西口駅新宿三丁目駅新宿駅

あわせて読みたい関連記事


お読み下さいましてありがとうございます。↓↓↓このバナーをクリック頂けると、励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

ひとこと感想をお願いします!