がんぞうさんの台湾&グルメ紀行

つけ麺 紫匠乃(門前仲町)/小麦が香る極太麺の旨み

蒸し暑い盛り、どうしても麺類を選んでしまう今日この頃。

門前仲町でのランチも色々食べ歩きましたが、
大抵が駅から西方向のお店でした。

そこで、駅の東側にも攻め込んでみようということで、
今日はネットで事前調査した極太麺が特徴のつけ麺屋さん、
「紫匠乃(むらさきたくみの)」さんにお邪魔しました。

お店は、門前仲町駅から東方向に5分ほど歩き、
富岡八幡宮の正面玄関の真正面(向かい側)にあります。

2015-08-18 11.49.12

黒塗りのなかなか渋い店構えで、期待感が高まります。
さあて、早速中に・・・と思いきや、満席状態!

いやはや、12時前に来たのに満席とは、すごい人気ですね!
紫味玉入りつけ麺(冷)の食券を先に購入し、しばし待機です。

極太麺ということで茹で時間がかかるとのことで、
食券を先に渡して麺の量をお伝えします。

同僚は並盛(350g)、僕は大盛(600g)を選択しました。

7~8分ほど待つと一番奥の席が空き、ようやく着席。

落ち着いてお店の中を見回すと、
店員さんは若くてかわいい女性二人で切り盛りしていました。

注文を受けると二人で復唱するのですが、
最後に「まかしときっ!」と言うのが微笑ましい感じでした。

・・・程なく、つけダレが登場、そして麺も出てきました!

2015-08-18 11.58.23

麺は大きく平たいお皿にででーんと盛られています。
これはぱっと見で、茹で上げ600g以上ありそうな雰囲気ですね~。

つけ汁はあまり見たことが無い雰囲気で、
中には玉ねぎや白菜などの野菜がいっぱい入っています。

早速スープの味を見てみましょう・・・おお、かなり美味!

魚介系、特に枯節の香りが強く、野菜の甘みが出ていて、
それを程よい酸味がまとめ上げています。

つけ麺のスープとしては、ちょっと薄いかなとも思いましたが、
筋の通ったいい味わいです。

次に、極太麺を1本だけ取り出してかみ締めてみると・・・
いやはや、これが本当に極太で、すごい弾力ですね!

小麦の香りと甘みがしっかり出ていて、かなり好みの麺です。

そして、いよいよ麺をつけダレに入れてひと啜り・・・
うん、これは美味しいですね~!

世の多くのつけ麺は、大抵スープがすごく強くて、
スープの味わいで麺を食わせる印象のお店が多いですが、
これは麺の美味しさを存分に味わうためのスープなんだな~、
と思いました。

もう少しスープのパンチが欲しい、という場合は、
テーブルにある置いてある魚粉や「つけダレの友」などを少量足すことで、
よりコク深く調整することができます。

紫味玉もしっかり味が染みていて、まろやか~。

あれだけあった麺をあっという間に平らげて、
割りスープをお願いしてスープも完飲!

既に入り口付近に行列ができていたので、
食器をカウンターに上げて、すばやく退店です。

このボリュームでこの味なら、確かに人気が出る訳です。

今度は、隣の人が美味しそうに食べていた、
カレーつけ麺にも挑戦してみたいな~。

ご馳走様でした!

つけ麺 紫匠乃 門前仲町店

昼総合点★★★☆☆ 3.4

関連ランキング:つけ麺 | 門前仲町駅越中島駅木場駅

あわせて読みたい関連記事


お読み下さいましてありがとうございます。↓↓↓このバナーをクリック頂けると、励みになります!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

ひとこと感想をお願いします!